レビトラを通じて知った事!勃起不全にまつわるお話

レビトラの紹介

今では年齢に関係なく起こる勃起不全。
以前として40代に多いことには変わりませんが、徐々に20代の若者にも広がっています。
症状としては「勃たない」ことが挙げられますが、他にも「中折れ」といった勃起状態を維持することが困難になることも症状に含まれます。
そこで用いられるのが、70~80%の人に有効性を発揮してくれるED治療薬です。
3種類の処方の中でも人気が強いのが「レビトラ」。
ここでは、このED治療薬についてお話したいと思います。
レビトラとは、バイアグラに次いで2004年に国内での処方がはじまった薬です。
それまで欠点とされていたことを改善して誕生したものになり、最大の特徴は「速効性」になります。
レビトラの成分バルデナフィルは10mgあるいは20mgの2種類の用量で処方が行われています。
ちなみに保険の適用が利かないので、治療費は高いことに注意。
ここからは、速効性を生む秘密である成分の特徴に迫っていきます。

【バルデナフィルの特徴】
この成分の性質は「水などに溶けやすい」という特徴を持っています。
つまり、服用すると体内での溶け始めが非常に早く、ED治療薬の中でもっとも素早い効き目が期待できます。
服用してから大体、15~20分で効き始めるので、直前で服用しても間に合います。
また効きも強く、持続性が20mgであれば10時間もあるので、1晩であれば効き目が切れることなく、お互いの体力が続く限りは楽しめます。

【服用の方法】
1日1錠までとされています。
服用後は、24時間以上の間隔を空けなければ次の服用はできません。
若干、速効性が失われても良いのであれば食後でも服用することは出来ます。
ただし、約700Kcalまでとされているので、これを越えるCal摂取をした場合には効き目が不安定になることがあります。

【なぜ勃起不全が治るのか】
勃起不全の原因をご存知ですか?
これは「血流不足」が起こす病気です。
つまり、ペニスに血液を十分に送ることができないことで起こります。
この状態を改善し、血管を拡張してくれるのが「レビトラ」ないし他の種類の薬になります。
多くの血液が流れ込むことで、再び力強い勃起が起こせるようになります。

【レビトラの入手方法】
病院での処方もしくは海外医薬品の個人輸入代行サイトより購入することができます。
どちらもメリット・デメリットはありますが、金銭的な面で言えばレビトラの通販の方がお得になります。
病院での処方とは異なり、交通費、診察代、薬代などを考えると通販の場合は商品代金のみになります。
ただその代わり、処方でない以上、使用上の問題については全て自己責任となってしまうのが唯一のデメリットと言ってよいかもしれません。
ただ正しい使用をしていれば体へ害が出ることはありませんのでご安心ください。